研課題
J-GLOBAL ID:200904043491859121  研究課題コード:9910002393 更新日:2002年11月18日

甲状腺ホルモン応答性遺伝子、ZAKI-4がコードする蛋白の機能解析

Elucidation of the function of the protein encoded by thyroid hormone-responsive gene, ZAKI-4
実施期間:1998 - 0
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (5件):
研究概要:
我々がクローニングに成功した甲状腺ホルモン応答性遺伝子、ZAKI-4は、および心臓に強く発現している。また、ダウン症候群の原因遺伝子の候補であるDSCR-1(Down Syndrome Critical Region-1)と高いホモロジーを示す。甲状腺ホルモンの新生児期の欠乏はダウン症候群同様重症な精神発達遅延を引き起こす。また、甲状腺ホルモンは心臓の機能維持にも重要である。したがって、ZAKI-4が脳や中枢神経系に重要な役割を演じることが推測される。そこで、ZAKI-4のノックアウトマウスを作製することによりZAKI-4蛋白の機能を明らかにすることを計画している。
キーワード (6件):
甲状腺ホルモン ,  ノックアウトマウス ,  ダウン症候群 ,  甲状腺機能低下症 ,  中枢神経系 ,  心臓
プロジェクト代表研究者 (1件):
  • 村田 善晴
研究制度: 経常研究

前のページに戻る