研課題
J-GLOBAL ID:200904043986981870  研究課題コード:2612 更新日:2013年10月07日

酸・塩基液晶の鋳型重合による新規多孔性材料の創成

実施期間:2007 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
本研究では二つの成分よりなる液晶を用い、その構成要素を巧みに「プログラム」し、液晶状態での重合によりその構造を「凍結」することにより、望みの形状・性質・機能を持った多孔性規則構造材料を得ることを目指します。具体的には、従来の多孔性材料では決して容易ではなかった空孔の「形状・官能基配列・キラリティー・しなやかさ」の能動的な制御に挑戦します。
研究制度: 戦略的創造研究推進事業(個人型研究)
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
研究予算: 0(千円)
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る