研課題
J-GLOBAL ID:200904044020229159  研究課題コード:0150002192 更新日:2001年03月16日

危機回避のための氾濫原管理技術に関する調査

Investigation on inundation source controlling technology
実施期間:1999 - 2002
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
洪水による被害最小化のためには、総合的な氾濫原管理が必要である。しかし、現在、氾濫原管理は、河川改修、氾濫流制御等の個別的な対応で行われている。本研究では、時系列変化を考慮した氾濫シミュレーションにより、ソフト対策(情報伝達、避難)の効果や役割を明確にして、総合的な氾濫原管理技術の効果を定量的に評価するための基礎資料とする。
キーワード (10件):
氾濫原管理 ,  河川改修 ,  氾濫流制御 ,  時系列変化 ,  氾濫シミュレーション ,  ソフト対策 ,  情報伝達 ,  避難 ,  定量的 ,  評価
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
国土交通省
研究所管機関:
国立研究開発法人土木研究所

前のページに戻る