研課題
J-GLOBAL ID:200904044322775632  研究課題コード:1353 更新日:2013年10月07日

量子相関機能のダイナミクス制御

実施期間:1998 - 2003
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
本研究では量子ドットを用いた量子相関機能の探索を様々な材料系に対し行った。カーボンナノチューブでは、2重結合量子ドットの形成および単一量子ドットでの単一スピンの発生に成功し、これらの成果は、今後、高温動作可能な量子ドットデバイスや量子ビットへ発展が期待される。また、高品質な化合物半導体の単一量子ドットで高いコヒーレンスを実現し、励起子のコヒーレント振動(ラビ振動)の観測に成功した。本成果は、励起子量子ビット操作への第一歩となる結果である。
研究制度: 戦略的創造研究推進事業(チーム型研究)
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
研究予算: 0(千円)
報告書等 (4件):
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る