研課題
J-GLOBAL ID:200904044908374920  研究課題コード:0250003496 更新日:2003年12月15日

植木導入品種の繁殖法 (2)広葉樹類の繁殖法

Propagation method of introducing varieties of garden trees: (2) Propagation method of broad leaf trees
実施期間:2000 - 2002
研究概要:
通常接ぎ木で繁殖するソシンロウバイ、タイサンボク及び、実生繁殖のナツロウバイで高い挿し木発根率が得られ(6~7月挿し)、いずれも挿し木による苗生産の可能性が考えられた。またガマズミ類、オガタマ類でも高い発根率が得られたが、マンサク類は品種間差が大きく、「エレナ」、「カーマインレッド」、「ボスコープ」などが特に低く、ドイツボダイジュを含めて、これらは挿し木繁殖には向かないと考えられた。
キーワード (4件):
広葉樹類 ,  斑入りシイ ,  オガダマ ,  繁殖法
研究制度: 経常研究

前のページに戻る