研課題
J-GLOBAL ID:200904045089143007  研究課題コード:0250002061 更新日:2008年06月10日

水産加工残さの有効利用による機能性コンポストの開発とゼロエミッション化に関する研究 カツオだし粕を用いるコンポスト製品の高機能化

Development of functional compost using wastes of marine products processing and research concerning zero-emission of wastes: High functional compost products using bonito soup lees
実施期間:1999 - 2001
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究分野 (1件): その他
研究概要:
地域産業を代表する水産加工業においては、廃棄物を出さないゼロエミッションに対する取り組みがますます重要になっている。そこで、水産加工業をモデルとし、廃棄物を出さないリサイクルシステムの構築に向け、カツオ残さの肥料化方法を従来の加熱乾燥から発酵に変え、機能性を付与した市場性のある良質なコンポスト造りを目指す。このためにアミノ酸をはじめとする作物の生育に有効な窒素成分からなるカツオ残さ発酵肥料の実用化を進める。
研究制度: 経常研究

前のページに戻る