研課題
J-GLOBAL ID:200904045547833018  研究課題コード:9800005868 更新日:1996年10月25日

とう痛除去効果の形態学的実験モデル

Marphological experimental models for evaluation of pain-relieving effect
実施期間:1987 - 1995
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
赤色トウガラシの辛味の主成分であるカプサイシン及び半導体レーザーによるとう痛除去効果を形態学的に観察する
キーワード (9件):
カプサイシン ,  辛味 ,  呈味物質 ,  トウガラシ ,  三叉神経 ,  皮下投与 ,  ラット ,  とう痛 ,  鎮痛作用
研究制度: 経常研究
研究予算: 1995年度: 0(千円)

前のページに戻る