研課題
J-GLOBAL ID:200904046503295007  研究課題コード:9800018973 更新日:1995年04月28日

爆発放散口の実用化を目的とした爆発圧力放散機構の解析

Analysis of explosion pressure relief mechanism for the purpose of practical use of an exit for explosion relief
実施期間:1992 - 1994
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
内部で爆発を生じるおそれのある装置等に設置された脆弱部から,爆発圧力が放散される時の挙動を,実験・理論両面から解析し,安全装置としての爆発放散口を実用化することにより,化学プラントの災害の軽減を図る
キーワード (6件):
爆発 ,  化学プラント ,  圧力 ,  安全装置 ,  放出 ,  防爆
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
厚生労働省
研究予算: 1994年度: 1,900(千円)

前のページに戻る