研課題
J-GLOBAL ID:200904047011373750  研究課題コード:0150002476 更新日:2001年03月16日

下水道施設用複合材料の試験方法に関する調査

Investigation regarding test method of composite materials for sewer system facility
実施期間:1999 - 2000
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
近年、下水道施設に用いられている複合材料に、厳しい腐食環境によると思われる損傷事例が報告されており、早急な対応が必要とされている。複合材料は腐食環境には比較的強い材料であるが、高濃度の酸と過大な荷重の作用などの複合的な過酷環境では、劣化することがある。そこで本課題では複合材料の下水道環境での耐久性について調査し、耐久性評価のための試験方法を作成する。11年度には、劣化のメカニズム、劣化条件等を調べるために、下水道環境における複合材料の破損事例に関する調査を実施した。これらの損傷は酸性環境条件下におけるクリープ破断によると推定されるが、酸性条件の影響に比べて、荷重の影響が大きかった。また、このような環境における複合材料の試験方法として、ASTM、ISO等の基準を基に、複合材料の耐食性に関する試験を行った。この結果、既存の試験方法を実際の下水道で起きた損傷を評価する方法としては、適用できないことがわかった。従って、適切な条件設定、試験方法の改良・補足等が必要である。
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
国土交通省
研究所管機関:
国立研究開発法人土木研究所

前のページに戻る