研課題
J-GLOBAL ID:200904047689199122  研究課題コード:9800024647 更新日:2006年03月14日

微小機械に関する研究 (1)微小機械に関する研究

Study on micromachines
実施期間:1990 - 1992
研究概要:
1) 研究目標 現在実用化されている最小の機械装置(数cm3)に比べて、体積比が10-3程度の大きさになる微小機械(サブミリ機械:構成部品の大きさがサブミリ)が実現すると、医療技術、宇宙開発技術など、種々の分野に技術革新をもたらすと言われている。 本研究では、このサブミリ機械に関する諸技術の開発を行い、種々の用途に対して十分な性能と信頼性を持ったサブミリ機械の設計・製作を可能にさせる。 2) 研究計画 サブミリ機械を実現するには、微小部品の加工技術、微小な運動やパワー変換を可能にする機構、及びその制御方式の開発が重要な課題となる。そこで、この3項目について、微小化に伴って現れる諸現象を解明し、現状技術の適用限界の拡張と先進的技術の補完的適用を可能にさせ、これによってサブミリ機械の設計・製作技術を確立する
キーワード (5件):
機械工作 ,  機械設計 ,  機械要素 ,  工作精度 ,  微細加工
研究制度: 特別研究
研究所管省庁:
経済産業省
研究予算: 1992年度: 0(千円)

前のページに戻る