研課題
J-GLOBAL ID:200904047811812116  研究課題コード:0250004325 更新日:2002年11月21日

単一細胞内シグナリングの空間特性の解析とモデルに関する研究

Study on the spatial regulation of intracellular signaling networks
実施期間:1999 - 2003
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
本研究の目的は、刺激に対する細胞の適切な応答を実現する細胞内シグナリング機構を理解することである。ここでは特に機械刺激に対する形態応答に注目し、機械刺激の空間パタンがどのような仕組みで細胞の形態に変換されるのかを研究する。そのために、まず実験的研究でこの反応に含まれるシグナリング機構を同定し、ついで数理モデルによるシミュレーションを通してその時空間制御機構を推定する。
キーワード (3件):
細胞シグナリング ,  機械刺激 ,  細胞形態
プロジェクト名: 脳を創る 視覚系におけるニューロインフォマティクスに関する研究
プロジェクト実施機関 (1件):
  • 豊橋技術科学大学
プロジェクト代表研究者 (1件):
  • 臼井 支朗(領域統括)
研究制度: 科学技術振興調整費
研究所管省庁:
文部科学省

前のページに戻る