研課題
J-GLOBAL ID:200904048055556328  研究課題コード:0250005649 更新日:2003年12月15日

有機薄膜の構造制御による新規光機能性材料および素子の開発

Development of novel photo-functional materials and elements by controlling structure of organic thin film
実施期間:2000 - 2001
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (8件):
研究概要:
光機能性を有するサブミクロンオーダーの有機薄膜,微粒子を作製し,その構造を制御し,物性評価を行うことにより,新たな光機能性材料,素子の探索,開発を行う。初年度は,機能性有機無機複合微粒子(湿式法),新規有機発光素子(蒸着法),配向制御有機薄膜(MBE法)について,主に材料,素子の調製方法に関する検討を進めてきた。2年度目は光機能性材料・素子の高機能化,高度化を図るため,1)機能性有機分子の選択,複合微粒子の修飾方法,集積化方法,薄膜の積層,配向条件などの最適化,2)発光特性など測定技術の高度化,デバイス化の可能性についての検討,などを行う。
キーワード (7件):
有機薄膜 ,  有機無機複合微粒子 ,  ハイブリッド材料 ,  構造制御 ,  光機能性 ,  発光素子 ,  配向性
研究制度: 経常研究

前のページに戻る