研課題
J-GLOBAL ID:200904048858226785  研究課題コード:9800023617 更新日:2003年05月14日

CCDカメラ撮像型電子顕微鏡を用いた合金規則度の測定及び法規化過程に関する研究

Study on measurement of order of alloys by CCd camera imaging electron microscope and regulation processes
実施期間:1993 - 1993
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
撮影に写真フィルムを用いる従来の方法では電子線回折強度から合金の規則度を測定することは不可能であった。本研究では、冷卸CCDカメラを電子顕微鏡の撮像に用いることにより、電子線回折強度から合金の規則度(長範囲規則度及び短範囲規制度)を精密に、しかもオンラインで計測するためのシステムの構築を図ると共に、このシステムを用いて合金の規制化過程に関する基礎研究を総合的に行うことを目的とする
キーワード (8件):
カメラ ,  電荷結合素子 ,  電子顕微鏡観察 ,  合金 ,  金属組織 ,  電子回折 ,  オンラインシステム ,  イメージセンサ
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
文部科学省
研究予算: 1993年度: 2,100(千円)

前のページに戻る