研課題
J-GLOBAL ID:200904049682709012  研究課題コード:2799 更新日:2013年10月07日

質量分析用超高感度粒子検出技術

実施期間:2005 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
飛行時間型質量分析では、質量/電荷比によって粒子を時間軸上で分離します。しかし、たんぱく質等の粒子は飛行時間以外にも運動エネルギーといった異なる軸上の情報を持っており、これを高精度で計測できれば、高分子の断片化による疾患マーカーの検出やたんぱく質シーケンシングのような高度な解析を、複数の前駆高分子について同時に行うことができます。この計測を、高感度超伝導粒子検出器の開発により実現し、日本のプロテオミクス研究の飛躍的発展に貢献します。
研究制度: 先端計測分析技術・機器開発プログラム
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
研究予算: 0(千円)
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る