研課題
J-GLOBAL ID:200904049919685954  研究課題コード:0550030530 更新日:2005年11月11日

糖質資源としてのリンゴ搾汁残渣の高度利用リサイクル技術の開発

実施期間:2005 - 2006
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
青森県の主要産業であるリンゴ果汁の生産の際に排出されるリンゴ搾汁残渣を、植物由来の糖質資源からなる地域性バイオマスとしてみなし、リンゴ搾汁残渣に対し段階的に酵素処理を施すことにより、副産物として得られるオリゴ糖類の高度利用を図りながら、グルコース資源として回収し効率のよい乳酸発酵のシステムを構築する。

前のページに戻る