研課題
J-GLOBAL ID:200904050205261024  研究課題コード:9800043405 更新日:2000年02月28日

核プロセス化学

Nuclear process chemistry
実施期間:1995 - 0
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
核燃料サイクルのバックエンドにおける化学・技術,特に核燃料のリサイクルおよび超ウラン元素の管理に関する技術の開発を主な目的として,プロセス化学・溶液化学の研究を行っている。1)核燃料のリサイクルに関しては,新型原子炉や新型燃料の利用に路を開くものとして,乾式プロセス等の先進的な化学分離プロセスの研究を進めている。2)超ウラン元素および他の微量元素について,分離プロセスや環境中におけるこれらの元素の化学的な挙動を基礎的な観点から解明するため,溶液化学の研究を進めている。3)その他,核融合炉の燃料・材料に関する化学的な研究等を進めている
キーワード (3件):
核燃料サイクル ,  プロセス化学 ,  超ウラン元素
研究制度: 経常研究
研究予算: 1997年度: 4,000(千円)

前のページに戻る