研課題
J-GLOBAL ID:200904050257148870  研究課題コード:0150000791 更新日:2003年12月15日

ネットワークを介した分散型エンジニアリングデータベースシステムの開発

Development of dispersion type engineering database system through network
実施期間:1999 - 2000
研究概要:
目的:生産活動に関するエンジニアリングデータをネットワークを介して共有するためのデータベース構築と、これを用いて設計・生産現場等、生産工程を有機的に結合させ、共有・再利用することにより、生産期間の短縮化と効率化、情報基盤の整備を目的とする。内容:分散型エンジニアリングデータベースを基盤に、機能を統合化したオープンな生産支援システムを開発する。実証化試験を行い評価を行う。1)分散型エンジニアリングデータベースシステムの開発と実証実験。2)各生産工程で利用されるシステムとのインタフェースの確立。有用性・新規性:生産活動全体を通して多くのデータが出力されているが、有効に再利用されているデータは少ない。このシステムにより、他工程や異種システム上のデータをネットワークを意識することなく、利用可能になる。現状ではCADデータから信号までを効率的に格納できるシステムは無い。
キーワード (4件):
エンジニアリングデータ ,  分散 ,  ORB ,  データベース
研究制度: 経常研究
研究予算: 2000年度: 10,000(千円)

前のページに戻る