研課題
J-GLOBAL ID:200904050621719196  研究課題コード:9800030465 更新日:2006年03月15日

超低速陽電子ビームの形成とそれによる材料評価の高度化に関する研究

Study on the production of ultra-slow positron beam and advanced material evaluation
実施期間:1994 - 1998
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
超低速陽電子ビームは物質表面の諸特性の分析・計測の為の有効な手段として注目されている。本研究課題では、高品質な超低速陽電子ビームの生成を行うことを目的とする。特に、物質表面の時間的緩和現象を計測するために、超低速陽電子ビームの超短パルス化を図る
キーワード (3件):
電子ビーム ,  表面緩和 ,  量子非破壊測定
研究制度: 国立機関原子力試験研究費
研究所管省庁:
経済産業省
研究所管機関:
国立研究開発法人産業技術総合研究所
研究予算: 1996年度: 30,798(千円)

前のページに戻る