研課題
J-GLOBAL ID:200904050790876330  研究課題コード:6000000642 更新日:2007年05月11日

SELENE搭載LISM(月面撮像/分光機器)の観測運用支援ツールの開発

実施期間:0 - 0
研究分野 (1件): その他
研究概要:
月探査衛星SELENEに搭載される地形カメラ,マルチバンドイメージャ,スペクトルプロファイラは,電源やデータ処理部を共通化することで小型軽量化を図っており,3機器を総称してLISM(月面撮像/分光機器)と称している.LISMの観測運用は,ダウンリンク可能なデータ容量の制約や撮像にあたっての蓄積時間最適化などの理由から複雑になっており,1日の運用に必要なコマンド総数が約850にもなる.このような複雑な観測運用計画を立案し,運用要求リクエストファイル(ORL)を誤り無く作成するための支援ツール開発を行っており,これまでにアルゴリズムの検討およびツールの設計を終了した.
研究制度: -

前のページに戻る