研課題
J-GLOBAL ID:200904051098401337  研究課題コード:9800026716 更新日:1996年02月21日

ハクサイ生理障害発生土壌の解明と防止対策技術の確立

Elucidation of characteristics of soil occurred physiological disorder of Chinese caggage and establishment of the control techniques
実施期間:1992 - 1994
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
現地生理障害多発ほ場の土壌無機態窒素量は,ハクサイ生育期間全般を通じ高水準で推移していた。ゴマ症は結球期前半の土壌無機態窒素の制御により軽減できる可能性が示唆された。ふち腐水症は硫安より硝酸石灰の方が軽減効果が大きかった
キーワード (4件):
ハクサイ ,  植物生理病 ,  土壌成分 ,  硝酸態窒素
研究制度: 経常研究
研究予算: 1994年度: 0(千円)

前のページに戻る