研課題
J-GLOBAL ID:200904051108915172  研究課題コード:9800038344 更新日:1998年03月03日

各種建物の非常時建築設備機能の重要度及び必要度に関する研究

Study on importance and necessity of emergency architectural equipment functions of various buildings
実施期間:1995 - 1996
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
災害時を考慮した建築設備を計画する上で重要なことは,非常時にその建築設備がどの程度機能する必要があり,ライフラインが停止した場合にその機能が維持可能かどうかである。しかし,通常建築設備の計画はライフライン機能が維持されていることを前提としており,非常時を考慮した建築設備の計画についての実態調査等が重要である。本研究は,首都圏の防災指定機関である庁舎や病院,教育施設やその他防災指定施設と業務建物やデパートなどの用途建物に対して非常時における各建築設備機能の重要度,平常時の機能を100%とした場合の非常時の必要機能割合,設備機能の稼働可能時間と応急活動の継続希望時間などの調査・分析を行い,今後の広域防災における各用途建物の建徳設備計画の基礎資料作成を目標とした
キーワード (6件):
防災対策 ,  建築設備 ,  ライフライン ,  公共建築 ,  避難設備 ,  非常用設備
研究制度: 経常研究

前のページに戻る