研課題
J-GLOBAL ID:200904051413526100  研究課題コード:9800036443 更新日:1998年03月02日

ヒトおよび動物癌転移の分子病理学的研究 ヒト胃癌・大腸癌患者血液中の癌細胞の高感度検出法と臨床応用への試み

Molecular-pathological study on human and animal cancer metastasis 1) Sensitive detection technique of cancer cells in the blood of gastric and large intestine cancer patients, and its clinical application
実施期間:1994 - 1995
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (8件):
研究概要:
我々は,サイトケラチン19が上皮細胞に特異的に発現されることに着目し,RT-PCR法を用いることにより,胃癌,大腸癌患者血液中の癌細胞の高感度検出法を確立することを試みた。現在のところ陽性率は各々25%,66%であり,検出感度の点からは臨床応用も可能と考えられる
キーワード (9件):
ヒト ,  大腸腫よう ,  胃腫よう ,  血液検査 ,  腫よう転移 ,  中間径フィラメント ,  腫ようマーカ ,  遺伝子診断 ,  上皮細胞
研究制度: 経常研究

前のページに戻る