研課題
J-GLOBAL ID:200904051903825343  研究課題コード:0150002566 更新日:2001年03月16日

上部構造の応答を考慮した基礎構造の地震時挙動に関する研究

Study on behavior of foundation structure in earthquake with consideration of response of upper structure
実施期間:1999 - 2002
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
従来、橋梁などの土木構造物では、上部構造と地盤-基礎構造系を分離して、それぞれが十分な安全性を有するように耐震設計がなされてきた。これは主として、上部構造の応答を考慮に入れた基礎構造の地震時挙動については解明されていないことによるものである。構造物全体系として十分かつ合理的な安全性を有するような設計体系を指向するためには、上部構造と地盤-基礎構造系の一体としての地震時挙動を把握することが必要である。11年度は、上部構造を数値モデル、地盤及び基礎構造を実際の模型とするハイブリッド振動実験を実施することにより、弾性域を対象として、上部構造の応答の影響を考慮した地盤-基礎構造系の地震時挙動を系統的に明らかにした。
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
国土交通省
研究所管機関:
国立研究開発法人土木研究所

前のページに戻る