研課題
J-GLOBAL ID:200904052421718830  研究課題コード:9800047562 更新日:2006年03月16日

液晶素子を用いた動画ホログラフィの研究

実施期間:1996 - 1998
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
液晶素子の振幅・位相変調能力及び解像力を明らかにし、表示素子の大きさと視野角を考慮して、表示可能な三次元像の大きさを決定する。それを基に三次元表示に必要な光学系を設計すると共に、素子に書き込むべきパターンの計算を行い、三次元像の動画表示を行う。表示した三次元像が、人間の眼で立体感をもって観察できる手法を開発する。
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
経済産業省
研究予算: 1998年度: 900(千円)

前のページに戻る