研課題
J-GLOBAL ID:200904052556072174  研究課題コード:9911004971 更新日:2004年11月08日

うんしゅうみかん隔年結果防止技術確立試験

Test to establish technique to prevent decline in number of harvested mandarin orange every other year
実施期間:1999 - 2003
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
干ばつ等の異常気象や労力不足による管理不足などが原因となって最近隔年結果性が増大し,需給不均衡による価格低迷などから農家経営が不安定さを増している。このため,気象の変化に対応した連年生産技術の確立や,南予用水事業のスプリンクラー施設等を利用した技術の簡易化を図る。さらに,このような技術を組み立て,高糖果連年安定生産技術を実証し,計画生産出荷体制の強化に資する。
キーワード (6件):
ウンシュウミカン ,  隔年結果防止 ,  結実管理 ,  安定生産 ,  省力 ,  枝梢発育調節
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (E466000000)
研究制度: 経常研究

前のページに戻る