研課題
J-GLOBAL ID:200904053212962290  研究課題コード:0550032267 更新日:2005年11月25日

有機リン系化合物等による化学物質過敏症の病態解明に関する研究

実施期間:2004 - 2006
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
近年、微量化学物質による化学物質過敏症等の健康被害が大きな社会問題となっている。中でも有機リン系農薬等は、さまざまな代謝障害、神経障害を引き起こし、本疾患の主たる要因となりうる。本研究は、有機リン剤に対する1県民の曝露・健康被害の実態把握、2免疫毒性及び神経毒性を明らかにし、有機リン剤による化学物質過敏症の病態解明に資するものである。

前のページに戻る