研課題
J-GLOBAL ID:200904053232051804  研究課題コード:0550029533 更新日:2005年11月16日

建築プロジェクトの円滑な推進のためのブリーフィングに関する研究

実施期間:2005 - 2006
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
発注者(及び使用者)ニーズを的確に把握し、ブリーフとして整理するための手法・技術として、1プロジェクトの有用性等の客観的評価がより一層求められる公共建築プロジェクト、2ストック社会において建築プロジェクトの主流となるであろう既存ビルのリニューアル等、を対象としたブリーフィング手法の検討を行う。このブリーフィング手法は、発注者(及び使用者)ニーズを抽出する方法ならびに抽出された要件(主に施設要件等)からブリーフへ展開する手法とそれらの重要度の評価手法等を含んだものを想定する。また、ブリーフィングプロセスにおいて得られた情報を設計・工事段階において有効に活用していく(例えば、適切な構法や材料等の選定・提案など)際に重要となる、ブリーフと仕様書(具体の仕様選定)をつなぐための検討を行う。
キーワード (4件):
ブリーフィング ,  ユーザーニーズ ,  顧客満足度 ,  建築プロジェクト
研究制度: -
研究所管省庁:
国土交通省
研究所管機関:
国立研究開発法人建築研究所

前のページに戻る