研課題
J-GLOBAL ID:200904053246504445  研究課題コード:0150003005 更新日:2002年12月02日

食味本位リンゴ生産の要因解明・技術体系化と新商材の開発

Elucidation of production factors of taste-centered apples and technical systematization and development of new commercial products
実施期間:2000 - 2004
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (6件):
研究概要:
非破壊センシング(光センサー)を利用した食味本位リンゴの生産技術開発を図るとともに,丸かじりリンゴなどの新商材開発によりリンゴの消費拡大を図る。
研究制度: 経常研究

前のページに戻る