研課題
J-GLOBAL ID:200904053282326049  研究課題コード:9910000833 更新日:2003年12月15日

アカエゾマツの穿孔性害虫ヤツバキクイムシの被害対策

Prevention against the disaster by piercing pest insect called for picea glehnii
実施期間:1998 - 2000
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
アカエゾマツやエゾマツの天然林では風倒や択伐後に倒木や残存枝条でヤツバキクイムシが大量増殖し,周囲の生立木を加害・枯損させることが知られている。近年,アカエゾマツ人工造林地は除間伐の時期を迎えており,ヤツバキクイムシによる除間伐後の生立木被害が心配されていたが,今年度雄武町と津別町の2ヵ所で生立木被害が発生し懸念が現実化した。このため,今後の除間伐の増加にともない被害が拡大・顕在化する前に,被害発生要因を解明し,被害の予測方法や予防方法を確立する。
キーワード (4件):
アカエゾマツ ,  ヤツバキクイムシ ,  除間伐 ,  生立木被害
研究制度: 経常研究

前のページに戻る