研課題
J-GLOBAL ID:200904055097713837  研究課題コード:0450021657 更新日:2005年03月23日

強い場における分子の多重電離ダイナミクス

Multiple ionization dynamics of multicentric system in the strong field
実施期間:2002 - 0
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
分子標的に,高強度レーザーや低速多価イオン衝突によって強い場をかけると,多数の電子と核が同時に絡む非摂動ダイナミクスが現れ,最終的に多価に電離しクーロン爆発を起こす.多中心性を考慮した電場電離モデルを開発し,強レーザー場中の2原子分子(2中心2鞍点系),直線3原子分子(3中心3鞍点系),多価イオンと2原子分子の衝突(3中心2鞍点系)という3通りの多重電離過程を調べた.レーザー場中では,半周期ごとに電場の向きが逆転するため,電子が分子内鞍点近傍に非断熱的に励起してから分子外鞍点を越えて電離することを導いた.その結果,2原子分子では,生成イオン対の電荷が異なる方が小さな核間距離でクーロン爆発を起こすという実験事実を説明した.3原子分子では,実験結果との比較を通じて,解離イオンの電荷がほぼ等しい過程が支配的であることを導いた.一方,多価イオン衝突では,共有結合分子と希ガス2量体とで分子配向依存性が全く異なることを予言した.いずれの過程においても,電子が分子内で原子サイトに局在する仕方に応じて特徴的なダイナミクスが現れるという理解を与えた.
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (A089001000)

前のページに戻る