研課題
J-GLOBAL ID:200904055533630918  研究課題コード:9800034359 更新日:1996年06月24日

化学発癌機構の分子生物学的研究 2)変異性の異なる4-アミノアゾベンゼン誘導体によるDNA付加体の変異誘発能

Molecular-biological study on chemical carcinogenesis mechanism 2) Mutation inducing ability of DNA adducts by 4-aminoazobenzene derivatives with different variability
実施期間:1993 - 1995
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
それぞれの化合物によって生成する付加体の化合的特性を明らかにし構造活性相関についての知見を得る
キーワード (6件):
変異誘発 ,  アゾベンゼン誘導体 ,  芳香族アミン ,  発癌性 ,  分子生物学 ,  構造活性相関
研究制度: 経常研究

前のページに戻る