研課題
J-GLOBAL ID:200904056339495488  研究課題コード:0450021940 更新日:2004年11月08日

ストロンチウムマーキング法による深海化学合成二枚貝成長量の高精度測定研究

Study on high precision of measurement for growth of bivalve cultivated by chemical synthesis in the deep sea
実施期間:2002 - 2004
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
本研究は、化学合成細菌を鰓内に共生させている深海産二枚貝シンカイヒバリガイとシロウリガイの成長速度を3年間で把握することを目的に実施する。そのために、最初の1年で、浅海産二枚貝(アサリやムラサキイガイなど)を例にして1~2週間の実験期間で高精度に成長速度を把握できる手法を開発する。具体的には、天然環境の数十倍のストロンチウムを二枚貝に取り込ませ、貝殻成長線にストロンチウムが高精度に蓄積させたマーキングを施す(申請者らの簡単な予備実験で、アサリの貝殻にストロンチウムを取り込ませることに成功しており、本研究計画では効率よく取り込ませる濃度と時間を決めたい)。そして、走査型電子顕微鏡を用いてストロンチウム高濃度域が強反射することを利用して、ミクロンオーダーで成長量を解析する手法を確立する(ストロンチウムマーキング法)。そして2~3年目で、この手法をシンカイヒバリガイやシロウリガイに適用し成長速度を求める。
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (C013000000)
研究制度: 科学研究費補助金
研究所管省庁:
文部科学省

前のページに戻る