研課題
J-GLOBAL ID:200904057608835637  研究課題コード:0350011017 更新日:2003年12月15日

異種金属の固相接合法に関する研究

Study on solid-phase bonding of different metals
実施期間:2002 - 2002
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (4件):
研究概要:
現在,貴金属宝飾品加工業界では,異種貴金属同士を接合や嵌合する場合,一般的に,ロウ付けや象嵌などによるが,いずれも簡便な方法ではなく,使用する貴金属の形状に制限がある。新奇性のある製品形状や素材が制限され,デザインが望めない状況である。しかし,これまで貴金属製品にはあまり用いられてこなかった,固相接合法を用いることにより,異なる貴金属を容易に接合することが可能となる。さらに,ロウ付けを行ったあとのように,ロウのはみ出しやロウ目などもなく,美しい仕上がりが得られるという利点がある。このことから,新たなデザインの貴金属製品を開発することが可能となり,業界の活性化につながることが考えられる。本研究では,より容易に異種貴金属を接合する方法について,最適な製作条件などについて検討を行い,その確立を目的とする。

前のページに戻る