研課題
J-GLOBAL ID:200904057641697304  研究課題コード:0450021745 更新日:2007年05月10日

「SELENE」搭載高エネルギー粒子計測器の開発

Development of high-energy particle measurement equipment mounted on 'SELENE'
実施期間:2002 - 0
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究分野 (1件): その他
研究概要:
高エネルギー粒子の生成は,超新星爆発から始まり,太陽活動に伴うフレア現象,さらに地球放射線帯でもおこっている.高エネルギー粒子の観測は,粒子の加速された時点の情報と共に,伝搬過程の情報も示してくれる.例えば,同位体の存在比は粒子が加速されるまでにかかった時間の情報を持っている.これらの観測を行うために,不感層が小さいSi(Li)検出器をスタック上に積み重ねた“粒子望遠鏡”の開発を行った.現在,エネルギー校正試験を実施中である.また,測定粒子が電子からXeまで,エネルギー範囲が100keV~250MeV/nと非常に広範囲におよぶため,読出し回路のダイナミックレンジが数1000倍にもおよび,新規に専用のプレアンプ(HIC)開発と回路設計を行った.その結果,数nFの静電容量負荷がかかった状態で約80keVのエネルギー分解能を得ることができた.これらの検出器は,2005年打ち上げ予定の「SELENE」に搭載する.
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (A089001000)
研究制度: -

前のページに戻る