研課題
J-GLOBAL ID:200904058280356830  研究課題コード:9800013083 更新日:2006年03月15日

ヒートデトネーションにおける金属間化合物の合成反応機構に関する研究

Study on synthesis reaction mechanism of intermetalic compounds in heat detonation
実施期間:1991 - 1992
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
金属間化合物の生成における高速反応過程を研究し、ガス生成物を伴わないヒートデトネーションの基礎的機構の解明を行う。そのため、アルミニウムまたはニッケルとチタン混合粉の衝撃圧縮により生じた圧力・温度など衝撃圧縮特性の測定を行い、衝撃圧縮下での化学反応条件についての検討を行う。さらに衝撃回収実験を行い、収束衝撃波の負荷による反応焼結と回収試料の材料力学特性、金属間化合物の分析、反応率等について、反応性熱流体力学理論の観点に基づいた検討を行う
キーワード (10件):
金属間化合物 ,  化学合成 ,  衝撃波効果 ,  爆発波 ,  反応機構 ,  アルミニウム ,  ニッケル ,  チタン ,  熱力学的性質 ,  反応焼結
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
経済産業省
研究予算: 1992年度: 7,000(千円)

前のページに戻る