研課題
J-GLOBAL ID:200904058546509645  研究課題コード:9800035061 更新日:1996年11月22日

番組制作技術の高機能化の研究 コンピューター高度利用技術の研究

Study on improvement of functions of program production technology Study on highly computerized technology
実施期間:1994 - 1996
研究概要:
1)ヒューマンインターフェース技術: 番組制作や画像関係の研究等で必要となる種々の画像処理プログラム(C言語)を自動的に生成し,映像シミュレーションを実行できるワークベンチを開発した。また,マルチメディア編集機能や,ストーリーボード(絵コンテ)管理の機能を持つ番組制作システムの試作にも着手した。2)情報環境の改善: インターネット利用環境では,利用内容の多様化,通信相手先の拡大,情報量の増大などに対応するため,LAN設備と商用インターネットIIJ(Internet Initiative Japan)との接続を,公衆回線網接続から128kbpsディジタル専用線による接続に変更した。3)コンピューター環境の充実・管理: ディジタル放送,立体テレビジョン,高圧縮符号化シミュレーションなど,さまざまな研究開発に適用できる高速な計算サーバーを整備するため,スーパーコンピューター(3GFLOPS)の導入を進めた。1)ヒューマンインタフェース技術,2)コンピュータ環境の充実・管理,3)ネットワーク利用技術,a)分散型番組制作システム,b)音声伝送実験
キーワード (7件):
番組制作 ,  計算機利用 ,  人間機械系 ,  画像処理 ,  テレビジョン画像 ,  回線接続 ,  通信網
研究制度: 経常研究
研究予算: 1996年度: 0(千円)

前のページに戻る