研課題
J-GLOBAL ID:200904058869587440  研究課題コード:9910001603 更新日:2005年01月26日

魚肉有効成分変質防止技術研究

Research on the prevention of fish meat deterioration in effective components
実施期間:1994 - 1998
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
魚の中骨にはカルシウムが豊富に含まれているが,ほとんど食用とされていないので,レトルトまたは油ちょう処理をし,軟化,磨砕して魚油,蛋白質等とを混合して新しい複合食品を開発する。また,魚を植物油で油ちょうする場合,魚肉中の脂質及び脂質中のEPA・DHA等の機能性成分の変化を調べ,油ちょう品中での安定化を図る。
キーワード (6件):
ハマチ中骨 ,  カルシウム ,  EPA ,  DHA ,  レトルト処理 ,  油ちょう処理
プロジェクト名: 水産物機能栄養マニュアル化基礎調査事業
プロジェクト実施機関 (1件):
  • 中央水産研究所(E461000000)
プロジェクト代表研究者 (1件):
  • 山澤 正勝
研究制度: 経常研究
研究予算: 1997年度: 1,184(千円)

前のページに戻る