研課題
J-GLOBAL ID:200904059087005864  研究課題コード:6000002957 更新日:2010年02月16日

振動破損事故の防止に役立つ非ガウス型ランダム振動試験機の開発

実施期間:2008 - 2008
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究分野 (1件): 機械力学・制御
研究概要:
貨物輸送時の振動や機械振動などに起因する破損事故を未然に防ぐためには、振動耐久性評価精度を向上する必要がある。しかし現在のランダム振動では、確率分布はガウス型でありフィールド振動のピーク加速度と大きな差異がある。本研究では、周波数特性から逆フーリエ変換により時刻歴を作成する際、ある工夫を施すことにより、非ガウス型ランダム振動の生成プロセスを構築する。さらに本手法を「蓄積疲労振動試験システム」へ導入するため新蓄積疲労評価指標を考案する。
キーワード (3件):
振動試験 ,  ランダム振動 ,  非ガウス
プロジェクト代表研究者 (1件):
  • 中嶋 隆勝
研究制度: -

前のページに戻る