研課題
J-GLOBAL ID:200904059536597640  研究課題コード:0250005970 更新日:2002年11月18日

ノックアウトマウスを用いた甲状腺ホルモン受容体機能の解析

Functional analysis of thyroid hormone receptors using knockout mice of the receptors
実施期間:1996 - 2005
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
甲状腺ホルモンは,個体の発達や代謝調節に不可欠である。甲状腺ホルモンの作用は,活性型ホルモンであるトリヨードサイロニン(T3)が核内に存在する甲状腺ホルモン受容体(TR)に結合することにより発揮される。TRをコードする遺伝子はTRαとTRβの2つの存在が確認されており,それぞれの遺伝子からは選択的スプライシングにより,TRα1,TRα2(不活性型),TRβ1 and TRβ2が生産されることが知られている。しかしながら,これらTRアイソフォームが生体でどのような機能を分担しているかは未だ解明されていない。そこで,本研究はこれらアイソフォームの発現を抑制させたノックアストマウスを用いてTRの生体での機能を明らかにすることを目的としている。
キーワード (3件):
甲状腺ホルモン ,  受容体 ,  ノックアウトマウス
研究制度: 経常研究

前のページに戻る