研課題
J-GLOBAL ID:200904059626632606  研究課題コード:1525 更新日:2013年10月07日

湿潤・乾燥大気境界層の降水システムに与える影響の解明と降水予測精度の向上

実施期間:2001 - 2006
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
水循環の基本的要素である降水については、近年特に大気境界層の役割が重要視されています。大気境界層は海洋・陸面や乾燥域・湿潤域で異なり、さらに陸面でも地形、土壌水分また植生により変化しています。本研究では、アジアの湿潤域と乾燥域の境となる領域において大気境界層が降水システムに与える影響とそれが中緯度アジアの水循環へ与える影響を研究しました。この結果、地面状態が大気境界層の構造に大きな影響を与えていることがわかりました。これは降水予測精度の向上にも資するものです。
研究制度: 戦略的創造研究推進事業(チーム型研究)
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
研究予算: 0(千円)
報告書等 (2件):
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る