研課題
J-GLOBAL ID:200904059650767229  研究課題コード:9800039443 更新日:2009年11月11日

中山間地域における緑茶の品質向上と環境負荷低減のための合理的施肥管理技術の確立

Study on establishment of rational fertilization management technique for quality improvement and environmental load reduction of the green tea at middle mountainous region
実施期間:1994 - 1996
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (6件):
研究分野 (1件): その他
研究概要:
中山間地域の緑茶栽培は,多肥により肥料利用率が著しく低下し,その一部は園外に流亡している可能性が高い。そこで,緑茶の品質や収量を損なわず,茶園からの環境負荷を低減するために,茶園での肥料,特に窒素の有効利用により肥料利用率を向上させ,同時に茶園周辺への環境負荷低減効果の評価を行い,合理的な施肥管理技術を確立する。1)肥料利用率の向上,2)茶園施肥管理体系の改善,3)環境負荷低減効果の評価
キーワード (6件):
チャ ,  緑茶 ,  施肥 ,  茶園 ,  環境保全 ,  肥効
研究制度: 経常研究
研究予算: 1996年度: 0(千円)

前のページに戻る