研課題
J-GLOBAL ID:200904059925558650  研究課題コード:9800047142 更新日:2006年03月16日

海域活断層の三次元的調査:デモンストレーション・サーベイ

Three dimensional demonstration suruegs on submarine active faults
実施期間:1996 - 2000
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (6件):
研究概要:
原子力施設に重大な影響を及ぼす可能性のある海域活断層の活動度及び活動ポテンシャル評価の確度を高めるために、いくつかの海域において既存の手法を総合的に適用して、デモンストレーション・サーベイを実施し、事業者の行うべき調査の質的向上に資する。具体的には、音波探査法の高度化を図るとともに、海底地形の画像化技術や堆積物中の地震記録解析技術を導入して、海域活断層の三次元的調査を実施し、各探査手法の有効性や総合的な適用手法を評価する。
キーワード (3件):
活断層 ,  音波探査 ,  タービダイト
研究制度: 国立機関原子力試験研究費
研究所管省庁:
経済産業省
研究所管機関:
国立研究開発法人産業技術総合研究所
研究予算: 2000年度: 19,959(千円)

前のページに戻る