研課題
J-GLOBAL ID:200904060134509769  研究課題コード:9800005364 更新日:1996年11月29日

唐津焼陶土用原料に関する研究

The research of raw clay materials for the Karatsu-yaki (earthenwares)
実施期間:1988 - 1993
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
現在の唐津焼の陶土原料は砂質頁岩,砂岩が風化し堆積した粘土層より採掘しているが,これらの堆積層は帰属する母岩や河川の状態により鉱物的,化学的組成や粒度構成及び性状は変化し,多種多様である。そこで豊富に埋蔵し,安定した原料の調査を行い,物性,品質の両面から材料設計できる原料の研究を行う
キーワード (8件):
陶磁器 ,  窯業原料 ,  陶石 ,  砂質岩 ,  頁岩 ,  砂岩 ,  粘土 ,  材料設計
研究制度: 経常研究
研究予算: 1993年度: 1,278(千円)

前のページに戻る