研課題
J-GLOBAL ID:200904060550888060  研究課題コード:0450024076 更新日:2004年09月17日

インテリジェント短下肢装具iAFOの開発研究

Development research on intelligent an ankle foot orthosis (iAFO)
実施期間:2004 - 2006
研究概要:
脳卒中後後遺症などによる歩行障害に悩む患者は多く、より良い歩行のための装具の開発は重要な課題である。最もよく使用されている下肢装具である短下肢装具(Ankle Foot Orthosis : AFO)は機能面に向上の余地があると考えられる。これまでの研究過程において特殊な流体*を用いた継手を設計製作し、歩行の最中に足部を保持する特性を変化させることで歩き方が改善される可能性を確認した。この実験用装具をさらに発展させることで高機能AFOの実現が近づく。本研究では、歩行に合わせて動的に特性が変化するAFOの実現に向け、歩行フェーズのセンシングとそれに基づく適切な継手特性調節を行う機構を設計・試作する。これにより、県内に多数在住する脳卒中片麻痺者等がより早くスムースに、またはより安全に歩けるAFOを開発することを目標とする。*MR流体:磁気によって粘性が変化する流体、磁気粘性流体ともいう。
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (E369000000)
研究制度: 受託研究
研究予算: 2004年度: 1,014(千円)

前のページに戻る