研課題
J-GLOBAL ID:200904062191333858  研究課題コード:9800036350 更新日:1997年11月04日

NiTi合金の活量の測定

Study on measurement of activities on NiTi alloys
実施期間:1994 - 1994
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
本研究では,形状記憶合金として実用化が期待されているNiTi合金について,その作製に重要な活量を測定する。まず,電子ビーム溶解法によりNiTi合金試料を作製し,活量の測定のためにさらに溶解する。ここで,溶解前後の重量差とICP値により,NiとTiの蒸発量をそれぞれ求める。それにより,Hertz-Knudsenの式からそれぞれの蒸気圧を求め,活量を得る。なお,温度はパイロメーター温度計により制御する。現在,Ti,Ni,Zr,Feを使ってパイロメーター温度計の検定を行い,純Ni,純Tiの自由蒸発について研究している。結果として,パイロメーター温度計による温度の測定の信頼性と,電子ビーム溶解法による蒸気圧測定の信頼性が得られた
キーワード (8件):
ニッケル合金 ,  チタン含有合金 ,  活量 ,  電子ビーム融解 ,  蒸気圧 ,  式 ,  温度測定 ,  光高温計
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
文部科学省

前のページに戻る