研課題
J-GLOBAL ID:200904062548010653  研究課題コード:0450021926 更新日:2004年11月08日

広帯域海底地震計データを用いたフィリピン海の三次元上部マントル構造解析

Three-dimensional structure analysis of upper mantle in Philippine Sea by using data of broad-area seismometers at ocean floor
実施期間:2003 - 2005
研究概要:
本研究では、陸上の広帯域地震計による地震波形記録に加え、広帯域地震計による海底地震観測によって得られた波形記録を用い、フィリピン海の表面波位相速度を求める。得られた位相速度をインバージョンすることにより、従来より高解像度な当該地域の3次元マントル地震波速度構造を深さ300kmまで求める。太平洋北西部の掘削坑に埋設された広帯域地震計によって得られる波形記録を用いて同様の解析を行い、フィリピン海の解析で得られた結果と比較することでフィリピン海の構造の特徴を明らかにする。また、さらにフィリピン海の海洋底の年代ごとの位相速度の深さ分布から海洋底年代ごとのフィリピン海のS波速度構造を求め、太平洋との相違を明らかにしていく。
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (C013000000)
研究制度: 科学研究費補助金
研究所管省庁:
文部科学省

前のページに戻る