研課題
J-GLOBAL ID:200904062863380043  研究課題コード:0550028565 更新日:2005年03月23日

S-310-33号機の打上げと新精測レーダによるチャフ追跡

実施期間:0 - 0
研究概要:
S-310-33号機は内之浦宇宙空間観測所から2004年1月18日午前0時30分上下角72度で発射された.当初の打上げ予定日は1月14日であったが,観測条件が整わず,1月17日夜半に延期された.ロケットの飛翔及び搭載された機器の動作は全て正常であった.ロケットは発射後186秒に最高高度141kmに達し,277秒後に降下中のロケット本体からチャフを放出した後,内之浦南東海上に落下した.新精測レーダは約13分間チャフを追跡し,高度80km以上の風向・風速を測定した.また,中波レーダやMUレーダ,ライダー等による同時地上観測も実施された.
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (A089001000)

前のページに戻る