研課題
J-GLOBAL ID:200904062980518307  研究課題コード:9800001779 更新日:2002年01月17日

材料破壊研究のための評価手段の開発

Development of new instrumental and experimental techniquesfor fracture studies
実施期間:1981 - 0
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
破壊現象の研究を難かしくしている原因として,現象が局所的,動的であるために適当な研究手段に乏しいということがあげられる。試作済み超高速度マルチスパークカメラの改良,フラクチャー・シャドウグラフィー,超音波フラクトグラフィー,超音波可視化手段,アコースティックエミッションダイナミック,オプティカルエキステンソメリー,渦流探傷などの手法を研究し,静的および動的に進展する破壊に関し,準微視的視点に立って,力学および物性の両面からこの現象をさぐる
キーワード (8件):
破壊力学 ,  高速変形 ,  破面検査 ,  超音波応用 ,  モアレ ,  高速度カメラ ,  非破壊検査 ,  AE検査
研究制度: 経常研究

前のページに戻る