研課題
J-GLOBAL ID:200904063008977560  研究課題コード:0350012057 更新日:2004年01月19日

「ようこう」X線画像と光球面磁場観測による太陽フレアの研究

Study on solar flare by X-ray image from 'Yohkoh', and observation of magnetic field on photospherical surface
実施期間:2001 - 2002
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (4件):
研究概要:
2000年7月14日の巨大フレアで観測された硬X線フレアリボンの発展と,このフレアに先行して北京天文台のベクトル磁場測定装置で観測された黒点磁場の成長とを比較し,巨大フレアの発生には双極性の磁場構造の相互接近とシア運動とがフレアエネルギーの蓄積に本質的な役割を果たしていることを観測的に示し,巨大フレア発生の一般的なモデルを提唱した.
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
文部科学省

前のページに戻る