研課題
J-GLOBAL ID:200904063340584091  研究課題コード:9911003644 更新日:2003年12月15日

ラット脳Nメチルスピペロン蓄積に及ぼすClorgylineの影響

Effects of clorgyline on the accumulation of N-methylspiperone in the rat brain.
実施期間:1998 - 1999
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
PETの標識薬剤である[11C]N-Methyl-spiperone([11C]NMSP)は,D2 recepotorと5HT2A receptorの定量に用いられているが,その内因性リガンドの影響について調べた研究である。この後中道研究員から発表されるが,MMSPは内因性リガンドの影響を受けにくく,receptorの測定を可能にすると思われる結果が得られた。
研究制度: 経常研究

前のページに戻る